ビジネスに役立つ資格大集合!

競争力のある公認会計士

公認会計士については、国際会計基準への対応を見越して、近年急激に人員を増やしたことで、飽和状態からくる未来性への懸念が言われています。しかし、このような心配は全くの杞憂です。
なぜなら、今後公認会計士の仕事は、さらに国際的な舞台に広がっていくことが確実だからです。
世界統一の会計ルールというのは、一朝一夕でなるものではないにしても、しかし、経済活動が世界規模になる以上、当然会計ルールも世界規模になっていかざるをえません。
したがって、公認会計士の仕事は、今後さらにその範囲を広げていくため、これからも市場規模はますます大きくなっていく事に疑いの余地はありません。
ただし、国際化によって競争も激化しますので、今以上に過酷な競争にさらされるという点では、確かに多くの公認会計士が、これまでのようには稼げなくなるでしょう。しかし、それは公認会計士の仕事が稼げなくなるという意味ではありません。
むしろ公認会計士の仕事は今まで以上に稼げる仕事になるのですが、そこで求められる能力は、現在の国内監査法人同士の競争とは比較にならないほど高度になるということです。
つまり、公認会計士の仕事に求められるレベルが数段上がるということです。
それでは、今後の競争が激しくなる業界で生き残っていく公認会計士はどのような人材でしょうか。これは単純に国際社会で仕事をできるかどうかにかかってきます。
英語でコミュニケーションを取ることはもちろん、米国CPAの資格程度は当たり前のように取得しておかなければなりません。
最低でも、日本国と米国の会計基準をマスターし、更に実務経験があり、ITスキルがあって、英語で世界中で仕事が出来る。というのが未来の公認会計士像になります。
現状から比較するとかなりタフな仕事に見えますが、既にBICS諸国の会計士はこの程度のレベルはクリアしている人材がゴロゴロしています。少子化によって日本国企業の数、すなわち日本国語の仕事の数が急激に減っていきますので、否が応でも外国で勝負せざるを得なくなります。
逆に今のうちに準備しておけば先行者利益を得られるため、はるかに有利です。

会社の役に立つ公認会計士になる

会社にとって必ずと言って必須になってくるものがあります。
その一つが公認会計士というものです。公認会計士ですが、会計のないような会社というものはありません。必ずあるものになっていまして、その知識は会社にとりましてはなくてはならないものになっているのです。公認会計士はまさに会計の専門家です。
そのトップに位置する存在といってもよろしいでしょう。
仕事なども様々ありまして、可さんという業務もあります。
他にも、財務や経理事務といったような仕事もあるようになているのです。
非常に多岐にわたる存在です。会社というものは必ず現金を取り扱う存在です。
取引をしまして利益を上げていくなど、会計は必須不可欠です。
公認会計士の存在感は会社では特に大きなものになります。公認会計士になりたいという方も多いのですが、非常に難しいです。資格テストとしましても、最難関に属しているとも言えます。
慣れる方は一部にとどまっているのが現状でして、合格するためには計画的な勉強が必須です。
計画的ということですが、いわゆる出題範囲がものいすごく広いのです。
専門知識も問われるないようになっていますので、一つ一つの勉強にあまり時間をかけていることは不可能です。
そういった理由からも、効率的な勉強が必須になっていくというわけです。
独学でまれに合格される方はいます。
しかし、学生の方や社会人の方などはあまり勉強に時間を割くことができません。
ですので、スクールに通うのが最も効率的な勉強方法となります。スクールですと、公認会計士の資格を持っている高氏の方に勉強を教えていただけるようになります。勉強方法のコツなども教えていただけます。
そして何よりも同じ講座に通う仲間たちの情報を仕入れることもできます。過去に受験をした経験のある方の情報などを聞いておきまして、資格テスト本番のイメージトレーニングに役立てていくということもお勧めです。
スクールに通いまして、独学とはまた違った勉強法をしっかりと体得していきましょう。

off
*2013年3月3日*